末期食道がんを克服して生還、寛解までした父の闘病記

父の末期がん闘病記トプ画像

末期がんと診断されてもあきらめない。がんに克てることなんでもやろう

少しでもあなたのお役に立てば幸いです

 ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 父の末期がんが発見された日、そしてがんの再発を知らされた日、
どちらの日も私は放心状態でした。
 何をする気にもなれず、何もできませんでした。

 このサイトを発見されたあなたは、すでに最悪の精神状態から脱却され、次のステージを目指してみえると思います。
 少しでも前向きになられたあなたに、本サイトがお役に立てば幸いです。

普通の人が書いたがん闘病記と異なります

 この記録は父の食道がんの闘病記ですが、普通の人が書いた闘病記と少し違います。

 その理由は息子の私が、日本と海外で特許を取得している某健康食品の普及をすでに事業の一環として取り組んでいる最中に父の末期がんが発見されたからです。
 (本サイト内で健康食品の販売は致しません。また、健康食品を取り扱うことになった詳細は「番外編」に記載しましたので参考にご覧ください。)

 私は父のがんが発見される前に、悪性リンパ腫や重度の生活習慣病を患ってみえる人を某健康食品を用いて改善に導いていました。
 ですから、病院の先生が説明される症状の理解度も始めて大病の家族を持つ普通の人よりも深く、お医者様がご存知ない健康食品に関する知識と経験も有りました。

 そんな状況下で父のがんが発見され、検査結果を精査し、某健康食品の力を信じ、ある程度以上の確信を持って末期がんに対応した真実の体験談です。

 あなたや、あなたの大切な方の参考と心のより所になれば幸いです。


私はがんの場合、病院の治療を否定しません

 抗がん剤の効く確率は20%以下と知っていても、ほとんどの人は病院の治療を希望します。
 
 
 私の場合もそうでした。
 治る可能性はゼロでも、怖くて父の治療をしないという選択肢はありませんでした。
 余命もわずか三ヶ月でしたし・・・

 私は父の身体を病院の治療が継続できるようにしようと考えました。

 多くのがん患者さんは副作用の食欲不振、吐き気、発熱、体調の崩れ、白血球数の激減などで治療を中断しなければなりません。

 私は、副作用が緩和されたりゼロになれば、治療が完遂でき、お医者様が思った以上に治療効果が上がることを経験上、知っていました。

 最近、時計遺伝子で着目された、がんの時間治療(クロノテラピー)にも通じるものがあったと思います。

 病院の治療が完遂でき、さらにがんに良いとされるものを加えて相乗効果を狙いました。


 末期がんを宣告されてもあきらめないで! |  父の末期食道がんの闘病記へ

私のミッション

私と関わる全ての人を健康にします!


 もし、あなたや、あなたの大切な人が
「がん」でお悩みでしたら、一度サイト内をご覧いただいたうえで、信頼できると思われましたらご相談ください。
 「がんは親の仇」です。
 だから、1%でも可能性のある方には私はできる限り、精一杯のサポートを致します。
サイトオーナーの写真若井 正光